So-net無料ブログ作成
不全流産 ブログトップ

手術のこと その2 [不全流産]

一回書いたブログが消えてしまった・・・。ショック[ふらふら]

前回の続きの流産手術についてなので、
いやな方はスルーしてくださいね。


***********************************************************************************************************************
手術室に向かう前にトイレを済ませ、
どきどきしながら手術室へ・・・。

採卵のときの手術室!という感じではなく、
広く、明るい部屋にピンクの手術台らしきものがポツンと。
看護師さん二人が談笑してて、かなりのリラックスモード。

ところで、ジーンズのままの私はいつ手術着に着替えるのかな~と思ってたら、
下だけ脱いで、上は私服のままだった!びっくり。。。
あ~、そういう手術でいいのね・・・。(いいのか・・・?)
もちろんネットの帽子もないまま。あれ~~[がく~(落胆した顔)]ってかんじだけど、
病院によってその辺は違うだろうし、
体外受精は払ってる金額も違うからな~とか思ったりして・・・。

看護師さんたちも、マスクなし、帽子なし、で普段通りの感じ。
まあ、いいとしましょう・・・。[たらーっ(汗)]
服装の指示がなかったけど、ワンピースとか着ていかなくて良かった[たらーっ(汗)]

手術台に寝かされ、点滴が始まった。
経験者の友人から聞いていたとおり、
あの例の足乗せの器具?に、足を乗せることはなくてほっとした。
どうやら麻酔が効いてから動かすらしい・・・。
少しのことだけど、その配慮はありがたいと思った。

麻酔薬が入ってるのか、少しだけ眠くなったような・・・・。
10分ぐらいしたら、看護師さんが、
「ごめんね~先生もうすぐ来るからね~」
というので、麻酔が効くのを待っているのではなく、先生待ちなのだと気がついた。

聞くと、点滴には麻酔は一切入っていなくて、眠いのは気のせいだと
笑われた。
和みムードになったので
「麻酔が効くかが怖いんですけど・・・」って話をしたら、
「お酒が弱い人は効きやすいとかいうわよ~~」と言っていた。
私は弱いからいいかも・・・・。でもドキドキ[あせあせ(飛び散る汗)]

そうこうしてたら、先生登場!
もちろんマスクも帽子もなし(笑)
きっと、手術が始まったら変身するのさっ・・・!

そして先生が点滴の管をかちゃかちゃいじりだし、
麻酔らしきものを入れているのをじ~~っと見ていたワタシ・・・・・。


            [時計]*******[時計]


気がつくと、ベッドの上だった。
事前に渡したショーツとナプキンが身につけられていた。
”すごい!終わったんだ!麻酔が効いたんだ~~~[わーい(嬉しい顔)]良かった~~”

私もきっとストレッチャーで運ばれ、看護師さんたちに
ベットまで運ばれたんだな~~。
時計は12時半。2時間近く寝ていたことになる。麻酔ってすごい!!

隣の人も起こされているのが聞こえ、私はもう一眠り・・・。
と思ったら看護師さんに起こされた。残念。

先生ともう一度お話をして帰った。
薬がでるということと、1週間後にまたきてくださいとのことだった。


手術後は少しの出血と、少しの痛みだけで、
体はすごく楽で、本当にありがたかった。
あの子宮口を拡げる処置は悪夢だったけど・・・。

救いは、入っている県民共済から少し保険がおりるということ。
流産で保険がおりるというのは、ブログの情報でなんとなく知っていたけど、
長年、妊娠すらしなかったので、全く気にしていなっかった。
しかも、県民共済は、この3月までは、日帰り手術は対象外だったらしく、
4月から改正されてOKになったらしい。
危ない、危ない・・・。

”医療特約に入ってるから全部の手術は大丈夫”と勝手に思い込んでいたけど、
ちゃんと入っている保険の内容を調べなきゃな~と思った[あせあせ(飛び散る汗)]
たぶん今回は5万円がおりるらしいけど、
他社の入院保険とか女性疾患とかに入ってると10万~20万がもらえるらしい。
いまさら遅いけど、不妊治療中の女性はそういうのに入っておいた方がいいらしかった。。。
今回は保険のいい勉強になったわ~~。

帝王切開も対象らしいから、まだ入ってない方は考慮をおすすめしますよ~[ひらめき]



人生まだまだ勉強することいっぱいです
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村













nice!(2)  コメント(2)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

手術のこと その1 [不全流産]

術後の体調はうそみたいに良い。
軽~い出血はあるけど、おりものシートで十分な程度。
軽いしくしくがたまにあるだけで、普段と本当に変わらないくらい。
上手に処置してくれたみたいで、先生に感謝。
メンタル面も割と落ち着いていて、普通に生活している。
なんか、最近まで妊婦だった自分がうそみたい・・・。



今回は先日の流産手術のことを書くので、
いやな方はスルーしてくださいね。

****************************************************************************************************************************
先週の木曜日に夢クリニックで心拍停止を告げられ、
金曜日に、紹介された地元の個人クリニックに行った。
くしくも、友人が以前流産処置をしたクリニックというのが何とも・・・。

血液を4本分とり、ちょっとくらくら。
いつもの採血はすぐ終わるから、そのつもりでいたら長かった~~~。

診察では内診はなく、先生からの流産手術の話だけだった。

●病名は「妊娠9週不全流産」とのこと。
●早い方がいいので翌日土曜日朝の処置。
●子宮口を広げる処置をしてから2時間たってから手術。 
●手術は静脈麻酔で、記憶はない人がほとんど。
●次の日は仕事も出来るくらいの20分ぐらいの手術。
●麻酔で寝るので午後1時半位の帰宅。
●費用は全額保険適用なので、15000円くらい。
●エストレースの薬の停止と流産は関係ないとのこと。(しつこいけど、一応聞いてみた)
ホルモンは本来赤ちゃん側から出すものなので、それが少ないということは何らかの問題が
最初からあったかも。とのこと
 
稽留流産だと思っていたけど、不全流産ということは、もう半分流産しかかっていたのかな。
聞き忘れたから今度きちんと聞いてみよう。
費用がすごく安かったので(10万ぐらいだと思ってた)びっくりしてたら、
「これは妊娠中絶じゃなくて、これはきちんとした疾患だから」と言われた。
【疾患】って言われるとそれはそれでまたショックだけどさ・・・。

その日は心電図をとり、看護師さんから手術の注意点を聞き終了。

でも、内診がなかったことがとても気になり、帰る前に看護師さんに確認してみた。
だって、もう1回先生に診てもらって、間違いなく心拍停止を再確認してからでないと、
手術への心の準備が出来ないと思ったから。
看護師さんも納得してくれて、先生に伝えておきます、とのことだった。

その日は、簡単な手術と聞いているのに、ビビリまくってて、
経験者の友達に電話したりして、情報収集。
麻酔さえ効いてくれたら、本当に簡単な手術らしいけど・・・。
怖いよ~~~


翌朝8時半に旦那くんと病院へ。
すぐに呼ばれ、早速
「内診をしましょう」とのこと。
昨日の伝言がきちんと伝わっていて安心した。

旦那も赤ちゃんを見たいか確認したところ、「見たい!」と
意外な答えだったので、用意が出来た時点で、内診室に来てもらった。
また成長してるかのように、少し大きく見えるキューピーちゃんの形の赤ちゃんが
映し出された。
「成長して見えるのは、水分でふくみだしているからです。
これが頭で、これが体です」と先生。
ここまで成長したのに、う~~ん残念・・・。
確かにちょっと大きい気がするけど、
それが死んじゃってるから膨張しだしているというのもリアルだ・・・。
でも、事実を確認できたことで、二人とも心の整理がついた気がした。
泣くかと思ったけど、意外に涙は出なかった・・・。
しかし、その直後から地獄だった・・・。

そのまま子宮口を広げるラミナリアを入れたら、
ものすごい激痛!!!
あまりの痛さに気持ち悪くなり涙が出てきて、旦那がびっくりしていた。
手術が終われば収まる痛みだと言われたけど、
これを2時間もがまんするのかと・・・[どんっ(衝撃)]

その後、お腹を押さえながら回復室で待機・・・。
結局そのひどい鈍痛が1時間以上ぐらい続き、死にたい様な気分だった。
朦朧としながら、たぶんこれは陣痛と似てる痛みなのかも・・・とか考えながら、

「陣痛は希望があるけど、[もうやだ~(悲しい顔)]こんな不毛な手術二度とやりたくない・・・」
とか考えてた。

一緒に回復室に待機していた女性は、全然痛そうじゃなくて、
看護師さんとも普通に話して、しまいには寝息が聞こえてきた。
何の手術?この痛みがないなんてうらやましかった。
後から来たのに30分ぐらいで手術室に行ったので、ラミナリアはなし?
経産婦かまったく別の手術だったのかな・・・?
20分ぐらいすると、その女性が看護師さんに運ばれてきて、
ベットに寝かされているようだった。(カーテンがあるので見えない)
その後、麻酔がきいているらしく、すごいいびきが聞こえてきた。

私もこんな風に麻酔が効くといいんだけど、効かなかったどうしよう・・・。
とか考えてたら、カーテンが開き、看護師さんに
「では行きましょうか?」と言われた。
とうとうきてしまった~~[あせあせ(飛び散る汗)]


長いので、続きは次回書きます。


またまた戻ってまいりました。よろしくお願いいたします。
にほんブログ村 マタニティーブログ 不妊(赤ちゃん待ち)へ
にほんブログ村


nice!(1)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:妊娠・出産
不全流産 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。