So-net無料ブログ作成
検索選択

今回の流産 [IVF5回目BT②~稽留流産]

流産の処置から、早くも6日たちました。
体調は悪くないです。
処置日から割と普段どおりに生活してます。


出血は前回の流産よりもかなり少ないように思う。
処置の時には、流産が始まっていたらしく、
あまり処置のダメージがなかったからかも・・・。

今回は大学病院での処置。
(流産内容を読みたくない方はスルーしてくださいね)

最初は前の個人病院と比べると、
日帰りなのにちゃんと入院のベットまで用意されていたし、
事前の面談(問診)なんかもあったりして、かなりちゃんとした「入院」だった。
あと、付き添いの人が必ず必要っていうのも、ちょっとめんどくさかったけど、
何かがあったときの為らしい。
(仕事がある主人に代わって、母親に来てもらった。)

最初は、「さすが大学病院」って思ってたんだけど・・・。
しか~し、処置自体はは割と最悪だった~[たらーっ(汗)]


あっでも、前回激痛で悶絶したラミナリアの事前処置は、
今回ほとんど痛みもなく、感動した。
種類が違うのか、腕が違うのかよく分からないけど・・・。

そして4時間後にやっと処置。(待つのは長かったあ)

静脈麻酔と聞いていたから、
前回と同様、全く意識がないかと思い込んでたのが間違いだった・・・。

結局、朦朧としながらもずっと意識もあって、痛みも感じたし・・・。[もうやだ~(悲しい顔)]

まず最初に、麻酔を始めてないのに、
ラミナリアを取り出す処置を始めたのにかなりびびったワタシ。

「えっ、麻酔はっ?」
と思わず叫んでしまったほど。

「今からはいりまーす」と看護師の声。
遅いよっ~!!

しかも、かなり眠くはなってもうろうとしてきたものの、
まだ意識があるのに、処置が始まった・・・。

先生が「あ~もう出かかってるな~」とか言ってた。

少し痛みも感じる中で、先生が「腰をもっと下げてー」とかも言われて・・・。
先生も意識があるって分かってるんだよね?[たらーっ(汗)]

採卵の時と同じような状況&痛みだったかな。
経験があって良かった・・・と思った気がする。

そして最後は自分が「痛い、痛い~」と叫びながら終わったのを覚えている・・・。
我ながらかわいそうだった。。。

ベットに戻ってから、
看護師さんに痛み止めの座薬を入れられたところで、
眠りに落ちた・・・。


[時計][時計][時計][時計][時計][時計][時計]

眠ってたのは1時間くらいだけ。
やっぱり、軽めの麻酔に違いない。
前日にドクターにちゃんと確認した、「静脈麻酔で意識がない」
と言う言葉にだまされた[exclamation×2]
母親に聞いたら、15分くらいで帰ってきたから、
軽い処置だったようだけど。そういう問題ではないっ[ちっ(怒った顔)]

その後2時間くらいして、退院前の内診があった。

絶対麻酔のこと言おうと思ってたから、

「麻酔が効かなかったです!あんなのトラウマになるっ!」
ってドクターに文句言った。[ちっ(怒った顔)]

「麻酔が効き始めたときに、処置始めちゃったから、
覚醒しちゃったのかも・・・ごめんなさいね。」
だって。チッキショー

まあ、麻酔のおかげで、記憶や痛みが鮮明に思い出せないのが
せめてもの救いかな~。

あと、病院によって麻酔の種類や量も違うんだということなのね・・・。
まあ、処置後の痛みはほとんど無かったし、出血も少ないから
回復も早くて良かったけどさ~
でも、結局麻酔ナシみたいな状態だったからすごくイヤだった。

ネットで読んだことあったけど、結構こういう経験する人
多いみたいね。
でもまさか自分が経験するとは・・・。


処置はこんな感じだったけど、
今の気持ちは、次の妊娠のことや、
仕事探しのことに切り替わっています。
また、次回そのこと書きたいと思います[exclamation×2]


次回から(赤ちゃん待ち)のカテに移ろうと思います。今後もよろしくお願いします
にほんブログ村 マタニティーブログ 陽性反応~心拍確認へ
にほんブログ村








nice!(3)  コメント(0) 
共通テーマ:妊娠・出産

nice! 3

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。